@snzai のつぶやき:

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【入場編】

 なんでも今朝方、築地で火事があったそうなんですけども。騒然たる年明けのそんな空気の最中、やってきました築地本願寺。

 年初一発目、最初のロボットイベントは。ここ築地本願寺で行われますROBOT JAPAN 3rdであります。

 軽量重量のバトルトーナメントからダンス大会、なんでもありの一発芸大会に、全力で脱力させにくる入賞賞品と、個性の際だつこの大会もプレ大会込みで四回目。あいにく秋葉原での別イベントと日程が被ってしまった不運はありますが。つごう4競技、じっくりと見ていきたいと思います。

 

 さて、開演2分前。もうちょっと待機です。

 

 さあ、お時間参りました! タイトルロゴが投影されていた緞帳が上がり、ロボットジャパン恒例の大型リングが舞台の上に出て参りました。司会の三遊亭きつつきさんが登場して、まずは運営審査員陣の紹介から始まります。

 小熊プロデューサーを先頭に、審査員の甲谷先生が紹介されます。レフェリーはロボット捌きの達人小林レフェリー。まずは小熊プロデューサーのご挨拶から開幕です。

 

「胸のところにタグをつけていないお客さん…… 心細いと思いますけど、まだ夕方までお客さん来ますから」

 

 お客さんにすごい気をつかうきつつき師匠。そして小林レフェリーからは、ルールの説明が行われます。3分1ラウンド3ノックダウン先取、攻撃によるダウンと見なされたもののみが有効。リングアウトの場合はダウンカウントとなりますが、ダウン中の復帰動作中の転落はダウンとはなりませんが、普通に転んで落ちたなどの場合はリングアウトはダウンとしてカウント。決着がつかない場合は2分の延長戦となり、サドンデスマッチとなります。

 

「開場における審査員の割合の高さにはびっくりしますけども」。

 

 ばりばりいってます。

 さて、まずはフライ級から開催です。

 

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【フライ級一回戦】

 さあ、まずはフライ級から試合開始。こちらは軽量クラス、総重量2kg以下級の機体、10チームによるトーナメント戦となります。

 

  まずは登場チームの紹介から。最初の登場は、千葉工大チームのセプタ菌から。誤変換じゃないですからね。軽快なサンバのリズムの登場ミュージックが鳴り響きますが…… あれ? ……登場してきませんね。バックヤードに確認に飛んでいきました。ちょっと呼び出しに時間がかかっていたようです。

 続いての登場はオサル5号。オレンジのフレームのがっしりした機体。タイトル奪還はなりますか。

 続いては斑鳩、軽量化したフレームが印象的な、TDUの小型機。今回は色々と改造を加えてきたとのこと。ここでしばさんが解説として舞台の上に。「見ていると学生さんならではの…… 資金を工夫でカバーしているのが判りますね」「貧乏だって判るってことですか。……気の毒ですね」 ヒドイ。「今回はパイナップルくらい狙っていきたいです」とのこと。意訳すると入賞したいってことですね。

 続けてTDUチームのヴァーミリオン・レブル………… 操縦者さん、無手の構え。あ、今調整されているとのこと。こちらは学校のチームで作ったロボットのことです。腕、胴体、脚、外装、モーションで担当が分かれているのだそう。

 続いての登場は、同じくTDUのライデン。TDUの別チームの機体であります、「青く塗ろうと思ったんですがやめました」とのことでした。太って見えるけど、動ける機体です、とのこと。TDUからは以上三機が登場。

 続いては千葉工大から、全パーツを新規部品に置き換えたバルトが登場。フルチューンして大会に挑みます。

 続いては日本人形、ではなくカズゴンの登場。年末のできんのか! でいきなり度肝を抜いた、日本人形の中にロボットを詰め込んだ感じのロボットです。髪の毛伸びる軸とか積んでそうで普通に恐いです。

 

「聞きたい事がいっぱいあるんですけども、まず胸にスタッフの名札が下がってるんですが」と突っ込みが。「もし優勝したら誰が景品渡すんですか」 すでに賞品でもないと言う。「かなりシュールないい感じになっていると思います」「飛び道具とか持ってるんじゃないかなとか」とコメントが飛びます。

 

 続いては、twitterでなにやらマスクを修理していたとか色々情報が流れていたミステル・。タマオ総統、もとい、流血仮面の登場。「気付いている人がいるかと思ったんですが、いつもはバンタム級に出てるんですよ」と、今回は優勝を狙っているとの事。

「コレ、全米チャンピオン」とそのタマオ総統がリングを出す。「キックはヤバいですよ」と、売店をアピールでした。

 

 さて、ここからはシード選手の登場。まずはヘッドレスのKHR-3、零型のセアルが登場。左右の腕に赤と緑のアームカバーがついているのは、左右の認識をしやすくしているんでしょうかね。こういう細かい工夫はばかにならないと思います。

 

「はじめての人がいると思わないと、この仕事はやってられないんだから」ときつつき師匠。「前回の反省とかはないんですか?」「あるわけないじゃないですか」「おまえら少しは反省しろー!」

 

 そして最後に登場するのは、もう一人のシード選手、白風M選手のゼルファーが登場。すでに大会4回登場、優勝1回三位1回のレギュラーメンバーであります。見た目に騙されちゃいけない、この中でも1,2を争うベテランですよ、としばさん。

 

 さて、これで全選手の紹介が終了。いよいよ試合開始です。

 

一回戦 第1試合

セプタ菌 vs オサル5号

 

 さあ、まず両者がコールされてリングの上に。解説は引き続きしばさんが務めます。すくいと打撃の対決となりますか、真横を向いた両者、待ち構えるオサルにセプタが接近する、間合いを計る、オサルが下がった、掴んだ、これはきちんと抱え込んだ、真横に倒してダウンを奪う。これで1-0。

 さて、試合再開、起き上がった直後にセプタがスリップ、これは大丈夫でしょうか、ちょっとレフェリーのヘルプが入りかけますが、起き上がった。左右にちょっと離れた、セプタが動かない、ちょっと首をかしげています、大丈夫でしょうか。無線機を近付けてきた、その間に接近してきたオサルが攻撃を伺う、腕を掴みにかかった、これは抜けた、動いた、やっとセプタが動いた。起き上がる動作から復帰して、横突きの打ち合いにスイッチ。後ろへ肘打ちのような構え、これは絡んで転倒したがスリップ。

 再開、前後にぐらぐら揺れてから安定するセプタ、投げられかけますが,一寸動いて躱して行った。至近距離から突きを放つオサル、追い詰めて行く。次第にリングの端まで追い込まれた、ここまから投げにかかるオサル、これは下がった。

 これはまずい、再び調子が悪くなったか。攻撃を貰ったところで復帰しかかるものの、踏み出した方が悪かった、コーナーから逆方向へ歩いてしまう、落ちてこれで2ダウン。

 残り30秒、近付いて至近距離からの突き、これを盾状になった腕を突き出し、かわそうとするセプタですが、突きだした腕をしゃがんだ構えのところに巻き込また。がっしり掴まれ、真横に旋回させられる。これで3ダウン、オサル5号の勝利となりました。

 通信不良に悩まされているセプタ菌、持病に悩まされての敗北となりました。

 

一回戦 第2試合

斑鳩 vs ヴァーミリオン・レブル

 

 続いてはTDU対決、斑鳩とレブルの対決。……どうしたんでしょうかね、レブルの調子がまだ上がってきていないようです。ちょっと無線トラブルの話をしているうち、斑鳩がリングに登場。そしていよいよ上がって来ますか。湖上の煙に乗って、ヴァーミリオン・レブル、補修スタッフと部品を連れてリングに登場してきました。

 

 「オレンジ色って聞いてましたけど銀色ですね」としばさん。話題になっていた腕は、きちんとついているそうです。

 

 さあ、開始。斑鳩が軽快に接近する。なにやら太めのヴァーミリオン、ちょっとぎこちない歩き、ぎくぎくと接近していく。腕は真横へ攻撃を繰り出す構えか、横に転がった、スリップ。斑鳩にくらべると、レブルはかなり重量がありそうなデザイン。胴体を捻り転げ回り、起き上がりを試みているうち、横に転がって逆立ちのような構えになってしまう。起き上がれるか、カウント7までやってきた。腕がというか爪が引っかかって、ギギーと言う音がリングから上がる。起き上がりかけるものの、腕を引き寄せたところで、立ち上がり切れず、倒れた。ここでレブルがタイムを申請、1ダウンで調整、いや立ち上がらせた。再開です。

 前進、すり足状に接近していくレブル、軽快に歩く斑鳩がひょいひゅいと正面に、両腕でパンチを繰り出すレブル、これはしかし、パンチがあたる距離に行かないか、斑鳩、なにか攻撃の腕が巻き込まれたような恰好になる、スリップ、再び諸共に倒れた。レブル、置き上がれない。

 起き上がれないうち10カウント、「エイト…… 910!」と、最後は巻きを入れられてしまって、レブルはダウンのまま復帰出来ず。これで決着となりました。

 操縦担当の人がモーションを作っていて、時間がなかったので、と言う事でした。

 

一回戦 第3試合

ライデン vs バルト

 

 さあ、続いての登場はライデン、そして千葉工大のバルト。大きさで言うと、バルトにかなり分のある感じの体格差です。相撲にちなんだ名前ですね、と言われております。

 試合開始、突っ込んで横突きを入れたライデン、しかしこれは効かなかった。素早く離れ、再び駆け寄るバルト、突っ込みざまの横アッパーで吹き飛ばしてダウンを奪う。

 大きな動きで軽快に近付くバルト。再び接敵、突っ込みざまに吹っ飛ばし倒した、これで2ダウン、

 そして再開を待っていたかのような突撃。今度はライデン正面から貰って後ろに薙ぎ倒され、これで3ダウン。

 どちらの機体もよく動いていたのですが、スピード、パワーの両面でライデンを凌駕しバルトの勝利となりました。

 モーションを改良してきたい、とライデンチームでした。

 

一回戦 第4試合

カズゴン vs 流血仮面

 

 さあ、リングの上だけ見ていると、何してんだかさっぱり判らない対戦カードの成立です。日本人形カズゴンと、オーバーオールのマスクマン、流血仮面が登場です。

 なぜかタオルを乗せたままの流血仮面に、「……これロボットの大会ですか」としばさん。そもそも対戦相手のほうじゃなくて観客席を向いている流血仮面です。さあ、試合開始。

 体を左右に振るカズゴンに、旋回しつつ近付いていく流血仮面、渦を巻いて近付き、真後ろから両腕突き、これはスリップ扱いに。「痴漢ですね」「社会的にはアウトですね」と言われつつ、首を横に振る流血仮面。

 少し離れて、なぜか腰を振る流血仮面に、正面から突っ込んで行くカズゴン。両腕突きの撃ち合い、真後ろを向いてしまったカズゴン、左右に、後ろを向けたままで姿勢を振る、何を狙っているのか、真後ろを取った流血仮面。真後方についてパンチで倒し、これで1ダウン。ガッツポーズを上げた流血仮面、しかし真正面からぶつかってスリップ。キック、片足でキック、脚を上げた姿勢でキック待ち、待機する流血仮面、満を持してキックを放つか、しかし溜めの最中にパンチを貰い、後ろにダウン、これで1-1。

 さらにキックの最中、近付いているところに同じ形でパンチを貰い、2ダウン。

 震えている、震えているぞ、立ち上がった。片腕を上げてブリッジの姿勢から立ち上がった。9カウントから立った流血仮面、む、これはなんでしょう。肩を怒らせて襲いかかる構えから、ばったりと前向きに倒れた、スリップ、苦しんでいる、頭を振りながら立ち上がろうとする…… カウントぎりぎり、必死になって立ち上がった。9カウントで腕を放し、復帰した!

 しかしその瞬間、時まさに時間切れ。2-1で試合時間がタイムアップし、流血仮面、敗北となりました。

 

「普通に負けちゃいましたね……」とタマオ総統はしょんぼりムード。「ネタもあったんですけど……」と、次から次へとポケットから小道具が出てきます。うちわとか賄賂の写真(※注:AKB)。次回はバンタム級で再挑戦する、とのことでした。

 

 さあ、ここからはシード選手の登場です。勝ち上がった斑鳩と、セアルが対決します。

 

一回戦 第5試合

斑鳩 vs セアル

 

 先程もいい動きをしていた斑鳩に、ベースの素性の良さを素直に活用するセアルの勝負。さあ開始。まずはセアルが詰めていった、間合いを十分に計って斑鳩が真横からの突き、セアルはパンチ、足下を狙うような攻撃を放っていく。パンチの打ち合いになった、腕のぶつけあい。これは伸ばした腕を狙ったセアルが攻め勝った、ダウンを奪う。1-0、再開。直後の交錯、これはセアルのダウン。1-1。

 両者旋回しながら近付く、セアルの横突きを低い姿勢にしゃがんで躱す斑鳩、下がりながら間合いを図る、姿勢を落としたまま旋回してくるくると回る、セアルは回転しながら攻撃の機会を伺う。真横に合わせた、斑鳩の突撃。左右に機体を軽快に振って、待ち構えています。

 真横から突いた、突き、これは外れた、真後ろを取ったセアル、パンチの連打、これは凌いだ。姿勢を落としてセアルの攻撃をいなしている斑鳩、左右に逃れて距離を取る。攻めて行くか。真横への突き、これは重量差が出た。叩き合いをセアルが押し返し、2-1になった。

 残り30秒、これはセアルのダウンになった。攻撃の腕を引っかけて崩した、2-2。

 両腕を伸ばしての、遠い間合いでの叩き合い。真後ろを取らせてしまった斑鳩、躱して行った。ここで時間切れ。両者2-2で、今大会の延長戦となります。

 

 軽快な機体同士の好勝負。セアルはバッテリを交換してきました。

 さあ開始、旋回しつつ近付く斑鳩、セアルは慎重に間合いを計る、これは! 伸ばした斑鳩の腕を待ち構えて、セアルがカウンターで捕まえて崩した。後の先を取る戦法で突き崩し、セアルの勝利となりました。

 

一回戦 第6試合

カズゴン vs ゼルファー

 

 一回戦最後の勝負は、カズゴンvsゼルファー。女性操縦者同士の対決となる対戦カードです。さすがに外装分の重量を考えると、カズゴンがかなり不利じゃないかと思うのですが。

 さあ、開始。まずはのしのしと近付いていくカズゴン、前後に体を振りつつ、慎重に近付くゼルファー。やや距離を取っていた、正面突きがぶつかりあった、これはカズゴンがスリップ。かなり大きさが違います、頭ぶんまるごとカズゴンのほうが大きいか。

 旋回しながら後方を狙うゼルファー、真後ろを狙いに行く、歩行はかなり早いカズゴン、後ろ向きにぶつかっていたが突きを貰って崩れた、これでゼルファーがダウンを奪う、1-0。

 正面に回り込む、両腕突き。繰り出しかけたところに、カウンターで突きを入れるカズゴン、これで1-1。

 あれ、これは…… なぜかカズゴン、うつぶせになってしまい悔しがるモーション。あれ…… と言う空気になっているところに、歩行中をゼルファーが捕まえ真横に崩す、これで2ダウン。

 真正面からの突き、後ろに滑って凌いだゼルファー、孤を描いて旋回し、攻撃の場所を伺う。ちょっと離れた、進路に割り込んだ、真後ろを捕まえに行く。ゼルファー、ちょっと離れた。近付くカズゴンからやや距離を取り。両者、慎重な位置取りだ。これはうまい、背後を取って歩きかけたところに、両腕突きを背中から。ちょっと前に出たところで突き崩され、一歩、歩いた後に崩れた。

 これで3ダウン、ゼルファーの勝利となりました。

 倒れた状態から起き上がり、悔しがるモーションを出そうとしつつ、両腕突きを出してしまうカズゴンでした。

 

 さて、これでフライ級一回戦、6試合すべて終了。

 続いてはバンタム級トーナメントとなります。

 

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【バンタム級一回戦】

 さて、いったんお話変わって、バンタム級のトーナメント。

 最初はバンタム級の登場選手が紹介されます。

 

 皮切りは芝浦工大のアインシュバリエ。引っかける構造を持った腕が特徴的な機体です。続いての登場はフェルナンド、梯子のように巨大なリンク脚が気になる機体。フェルナンドと言う名前はサッカー選手から取ったのだそうです。

 続いての登場はヘラクレス、こちらも芝浦工大の機体。アッパーが強烈な機体とのこと。かつての芝浦工大の機体、ルカヌスのサーボと基盤を使って作り上げられているとのこと。そして大阪から登場、大阪産業大学のEXAの登場。……あれ、どうしちゃったんでしょう。あれー、いろいろ事情があって来られなかったみたいです。ううんむ、これは残念。

 続いての登場は法政大のひかる。こちらは貰った資料に載っていないですね、急遽のエントリーだそうです。きつつき師匠は法政大出身だそうですよ(まめちしき)。

 アナログコントローラーによる腕の操作を披露してきています。こちらが、EXAの代わりですかね、それともペントの代わりに参加する形になるんですかね。

 

 続いてはシード選手の紅が登場。「やっと色塗った選手が来てくれた」と、赤い塗装になっている機体にきつつき師匠も満足の体。

 あー、なるほど。ペントの代わりにひかるが出場するわけですね。というわけで、バンタム級一回戦は、アインシュバリエvsフェルナンドの1試合だけとなります。

 

一回戦 第1試合

アインシュヴァリエ vs フェルナンド

 

 真横を向いて、遠い間合いで両者構えた両チーム。開始、まずは慎重な歩み寄り方を見せる。フェルナンドが走った、やや遠い間合いで止まる、小刻みに周りながら接近するアインシュヴァリエ。突っ込んだフェルナンドが一気にダウンを奪う。仕掛けたフェルナンドもスリップ。

 0-1、再開。また近付いて横突き、突いた状態から、腕をさらにがちがちと2回突き出す速攻です。やや離れた、下からの真横突きを繰り出すアインシュバリエ、フェルナンドが横突きを繰り出す、真後ろを見せてしまったが素早く離れた。フェルナンドが軽快な動きで後ろに回り込んだ、ダウンを奪う。これで2-0。

 おっと、これは。フェルナンドの移動中にアインシュバリエが腕をぶつけ、速攻で逆襲、1-2となった。

 真後ろを見せたまま歩いていたフェルナンド、背中のケーブルにアインシュバリエの腕でがからまり、分けて、再開。

 両者離れた、慎重な構えになった。アインシュバリエが慎重に角度を狙いながら、ちょとずつ詰めていく。左右に機体を振りつつフェルナンド、頭にパンチを打ち込む、これはスリップで倒れた。起き上がった。再開、近づき離れ、様子をうかがうフェルナンド、スリップしてしまう。

 アインシュヴァリエが小刻みな動きで近付いていく、後ろを取りたいフェルナンド、真後ろに行った、真後ろを取った後、小刻みに素早く角度を調整。背部を綺麗に捕まえて、狙い澄まして胴体の真ん中。これでフェルナンドが3ダウンを奪う、これで3-1。フェルナンドの勝利となりました。

 

一回戦 第2試合

ヘラクレス vs EXA

 

 この試合は、EXA不在のためヘラクレスの勝利となります。

 

 さて、これでバンタム級も一回戦はすべて終了。

 休憩のあと14時からイベント再開となります。

 

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【フライ級準決勝】

 さて、若干長いお昼休みの間に、秋葉原のベルサール秋葉原の様子をうかがったりしてきた後。戻ってきました本願寺。午後からは一発芸と、準決勝以降の各試合が行われます。

 

 さて、とりあえずスケジュールではロボット漫才からですが…… おお、幕が開きました。……あれ、動いているけど、音が出ていません。「ただいま放送事故が発生しました~」としばさんが悠々登場。再調整して、来ました来ました。

 なにやらインドに修行の旅に出る、と言うネタに。ヨガみたいです。関節が固いと言う話から、「保険が利かないから治療代がかかります」って。シビアです。

 ここで午後の部からオープニング映像が。そして引き続き、フライ級トーナメント準決勝から再開です。

 

準決勝 第1試合

オサル5号 vs セアル

 

 最初の試合は、オサル5号vsセアル。リーチと攻撃力ではオサル5号に分がある印象、セアルは先程のような見事な躱しが見られるでしょうか。試合、開始。

 さあ真横向きに構えたオサルに、横から突っ込んだセアル、これが勢い余って反動でスリップ、立ち直って中央での交錯。ちょっと深い間合いがかったか、オサル5号が掴んで打撃で倒す、1-0。

 掴みにかかるオサルを押し戻すも、再び打撃を貰い崩れる、これで2-0。

 移動しながらの攻撃、これは速攻だ、しゃがんで抱え込んだオサル5号、下半身をがっちりホールドして横に転がし、これで3-0!

 見事にリズミカルな攻撃で一気に押し切り、オサル5号の勝利となりました。

 

 セアル、バッテリの不調を招いてしまい、万全の力を出し切れなかったとのこと。オサル5号、決勝へと進出します。

「次の大会も来てくれますね」「その前に三位決定戦にも出させて下さい」ということでした。

 

準決勝 第2試合

バルト vs ゼルファー

 

 さあ、先程危なげのない勝利を収めたバルト、対するはカズゴンを下したゼルファーの登場です。秋葉原の話題がちょっと出た後、試合開始。

 さあ、強力な歩行でバルト中央に、ゼルファーが回り込もうとしますが、横に捉えて一発で沈めた、1-0。

 中央に陣取って、強力な歩行で左右に振りつつ、突っ込んでの突撃を打ち込むバルト、旋回して回避しつつ、若干間合いの外に待つゼルファー。接近すると危険ですが、接近しないと攻撃できない。ゼルファーどうする、突撃して真横、これはまずい、2ダウン目を奪われた。2-0。

 中央での交錯で両者スリップ、ぐるぐると回って隙を伺うゼルファー。背後を取りたい、小刻みに歩いて角度を取り、ゼルファーの進路に突きを重ねるような攻撃を放つバルト、これにゼルファーがぶっつけられて、リングアウトするほどの勢いで3ダウン。これでバルトがゼルファーを下し、決勝へと進出しました。

 

 このあとは続けて、バンタム級の準決勝となります。

 

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【バンタム級準決勝】

 さて、続いてはバンタム級の準決勝、2試合を行います。

 

準決勝 第1試合

ひかる vs フェルナンド

 

 PCを持ち込んで、重装備のひかるとフェルナンドの勝負、ひかるはじわじわと中央に、フェルナンド突っ込んだ、いい勢いで一撃を打ち込み、反動で自分も倒れるほどの一撃で1-0。

 再開、歩み寄ったひかるにフェルナンド、いきなりの一撃。速攻で2-0。

 再開、自分の攻撃の反動で倒れつつ、フェルナンド立ち上がる。再開。密着してきた、ひかるが背中から密着して腕を動かしますが、フェルナンド、危なげない一撃を後ろから打ち込む。渦巻く速攻の三連打、フェルナンドが一気に勝利をもぎ取りました。

 

 さて、ここでちょっとひかるのデモンストレーション。アナログコントローラーを使っての逆立ちなどを披露しました。このあとで、このアナログコントロールを使っての一発芸をのちほど披露されるとのことですよ。

 

準決勝 第2試合

紅~くれない~ vs ヘラクレス

 

 続いての勝負は、ツインテールの赤いレイキャシール、紅の登場。続いては先程不戦勝、新鋭ヘラクレスがリングに登場だ。ちょっと入場が乱れつつ。髪の毛が乱れたのを直して、試合開始です。

 開始、真横に素早く突き込んでいくヘラクレス、しかしいきなりのカウンター。紅が沈めてカウントを奪う、先制で1-0。

 再開からの撃ち合い、ヘラクレスの突きを、小脇に抱える恰好になった紅、若干迷うがこれは両者スリップ、再開、これはどうなった,両者同時の突き、腕先がぶつかり、もろともに倒れる、しかし紅、突きだした反対の腕を先に着いてしまった。1-1になった。

 紅、姿勢を落としての移動、サアガ投げの構えで突っ込もうとしてくる、姿勢を落としての突撃をヘラクレスが腕で躱す、姿勢を落として凌ぐ、再び突っ込むも、ヘラクレスの横突きで沈む、リングアウトするほどの勢いで、これで2-1。

 ヘラクレスの勢いが止まらない、再開直後にリング脇ぎりぎりから横突きを畳みかける、これで3-1、紅の投げを凌ぎ切り、ヘラクレスの勝利となりました。

 

 さて、ここで再び休憩に。

 予定表では、15時15分から、一発芸部門からの再開となります。

 

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【一発芸部門】

 さて、休憩のあとは一発芸部門なのですが、ここでミステル・タマオ総統がなぜかリングに割り込んで登場。監督にAKBの写真渡して買収に成功したそうです。さっきのだ。そんなこんなで小競り合いの後、ロボットプロレスの紹介を行う事に相成ります。

 

 そんなわけで、ロボットプロレスの紹介から。きちんとフォールしてカウントを取りますよ、と言う事で。「クリスマスに、ブディストホールで、プロレスをしたんです」「宗教的にもばらばらじゃないですか」 仏教とキリスト教とプロレスの混交です。いまキリスト侠って変換した。

 

 えー、前回のできんのか!のセミファイナルの映像を見ながら、タマオ総統がきつつき師匠に試合の内容を説明すると言う,非常に心臓の強さが問われるマシンガントークイベントになっておりました。いかすなあ。

 この時点ですでに、猛烈な勢いで一発芸だったような気がしますが、ここから一発芸部門となります。

 

No.1 スタローンF

 

 さて、一番手はサバゲチームによるスタローンFの登場です。前回のアーノルドスタローンは六足タイプでしたが、今度は四つ足モデルのスタローンFが出てきます。

 前回はカメラの色認識デモを行っていましたが、今回はロボットそのものも動きながら、標的をカメラでトレースし続ける、と言う仕組みを今回繰り出します。

 舞台に登って…… アレ。流血仮面が四つん這いになったみたいな恰好の機体が、リングの上に登ってきました。ターゲットとなるドローンが中央に置かれています。這い回る流血仮面、首がじわじわと動いて、標的を中央に捉えようと自動で首を動かします。あー、なるほど。顎のところにカメラがついてるんですね。

 次々と動き回り、補足の画像を四角く表示するスタローンのPC画面。今後は動いている標的を自動認識し、さらに動いている標的の色を分析して、その色を自動追尾する、と言うシステムも作り得る、とのことでした。

 そしてなんだかこのスタローン、流血48に入れさせられたらしい、と言うところで、この演技は終了となりました。

 

No.2 ひかる

 

 続いては法政大学チームのひかるが登場。今回はアナログコントローラーを使って、物を掴んで動かす、と言うデモを行います。ぬいぐるみの円筒形の積み木を抱えて運ぶ、と言うデモです。

 リングの端に置いた積み木を、いきなり攻撃してばしっと叩いてしまいつつ。今度はきっちりと腕で抱え込んでホールド。アナログ作業で腕を動かす事により、適宜、人間の感覚でコントロールすることで、抱え上げてあっちからこっち、こっちからあっち、と運んでいきます。

 通信の速度が十分かどうか、と言うところが難しい、とのこと。最後は肩での倒立もおまけに披露して、これで終了となりました。

 

No.3 さくら2号

 

 さて、続けて登場は吉田さんのさくら2号。リングの上の登場してきました。娘さんがあんまりロボット触ってくれないんですよ、みたいな話をちょろりと。今日はボールを投げるデモを行います。キーパーモーション。ちょっと懐かしいですね。

 さて,侠のデモはボールを投げるとのこと。ステージの上にボールをころころ転がして、掴みに行きました、ちょっと抜けてしまった、お、掴んだ掴んだ、両腕の間でちょっとボールを揉んだ後、飛んだ飛んだ。客席で言うと参列目くらいまで綺麗に飛んで、綺麗に客席に飛んできます。おおう、こっち来た。あーしまった、掴めなかった。もう一つのボールはプロデューサーの後ろに飛んで行きます。

 ボールを揉んで、プロデューサーがキャッチ。ぽんぽん投げますよ。ボールの大きさの関係でちょっと遊びがあるせいか、ちょっと飛距離に不安定さがあるみたいですね。

 

 というわけで、ここで一発芸部門は終了に。

 続けて、フライ級・バンタム級の三位決定戦、決勝戦となります。

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【フライ級 三位決定戦・決勝戦】

 さてさて、引き続いて、フライ級の三位決定戦、そして決勝戦を行います。

 

三位決定戦

セアル vs ゼルファー

 

 考えてみるとなかなか珍しいこのカード。セアルとゼルファーの勝負です。開始、まずは両者左右に姿勢を振って、広い距離のまま読み合いを行う。なかなか近付かない、遠い間合いで構える、セアルがスリップ、その間に距離を近付けていった、ちょっと離れた。旋回して後ろに回ろうとするゼルファー、その場旋回で様子を伺うセアル。右に左にゼルファーが回る、セアルが下がった、間合いをちょっと広げた。ややゼルファーが詰めていった、まだ遠い。詰めた、セアルが一気に詰めた。近い距離から前突き、これでダウンを奪う。1-0。

 これはまずいか。リング脇にだんだん追い詰められるセアル、ゼルファーが戻した、腕を掴みに行ったゼルファー、これはセアルが横突きで躱した。ぐるぐると回って後ろに回ろうとする、渦を描くゼルファーの戦術、移動中、セアルの前突きを凌いだ、しかし立て続けに二発目。これは沈んだ、2ダウン。セアル有利になった。

 旋回しながら場所を伺うゼルファー、セアルは距離を空けている、いい距離を待っている、これは追いこんだ、いい距離で正面に来たところに、セアルが双手突きを綺麗に入れる、これで3ダウン! セアルがゼルファーを押し切り3ダウン先取、これでセアルが3位となりました。

 セアルのあの胸の顔を描いたのは、ゼルファーの白風Mさんだそうですよ。これはへぇボタン。

 

 さてさて、表彰式。毎回恒例すっとんきょうな賞品がROBOT JAPANの名物なわけですが…… えー、三位賞品。なんか長い。なんだあれ。

 

 コンデンスミルクでありました! しかも業務用。

 

決勝

オサル5号 vs バルト

 

 さあ、フライ級最終試合! 登場はバルト、そしてオサル5号の対決です! すでに電源の入った状態でオサル5号がリングに上がった、気合十分。そしてバルトが気張ってきました。オサル5号はちょっと腰が弱点みたいです。

 さあ、開始。中央に先に陣取ったのはバルト、オサルに向けて突っ込んで行く、ちょっとよろめいた、スリップで倒れた。しゃがみこんで投げに移行したいオサル、横から突いていく、おっと、突っ込んで投げ技に入った、これは投げられなかった、持ち上げきれなかった。絡んで倒れる。

 両者脱力し、一旦ブレイク、近距離からの打ち合い、大きな姿勢から一気にしゃがみこむバルト、投げを再び仕掛けるオサル、離れた、睨み合い、突きを凌ぐ、横突き、これも躱して行く、防御して凌ぐオサル5号、スリップしてバルトが倒れる、ちょっと離れた、打ち込んでいった、バルトの突き、これを外させて、オサルがカウンターの構え、しかしバルトが突っ込んで、ダウンを奪う、1ダウン。

 再開、中央でのぶつかり合い、スリップ、突っ込んで行ったバルト、突き。なにかからからと音がした、そこを凌いだオサル、脚に組み付くが、バルトが凌ぎ切る、手を離した。左右に旋回し、ちょと距離を開くバルト。突っ込む、突き、一家回転して踏みとどまったオサル5号、しかしそのまま勢い余ってスピンしつつリングアウト、これで2ダウン。

 突っ込んで行って突きを放つバルト、そこを凌いで逆襲にかかるオサル5号。しかし外した、下がって間合いを外した。突っ込んで突く、胸板を躱す、伸ばした腕を先行入力気味に狙いに行ったオサル5号、これは狙い切れなかった。足首がちょっとかしくなったオサル5号、これは復帰。少し離れた状態、バルトが下がって構えた、試合はここで時間切れになった。大きな距離を開いたところで時間切れ、これでバルトの優勝となりました!

 

 あー。なにやらオサル5号、腰が完全におかしくなってしまったようです。新しい機体を作ってリベンジを誓うオサル選手でした。えー、二位の賞品は…… 金ゴマのマグロだそうです。

 

 そして優勝はバルト選手。前回に次回はバンタム級にチャレンジしたい、とのことでした。賞品は「ますます株を上げて下さい」と言う事で、マスとカブでした。

 

 さてさて、これでフライ級は決着。

 続いて、バンタム級の試合が行われます。

 

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【バンタム級 三位決定戦・決勝戦】

 さあ、残すところ、あと二試合。

 今度はバンタム級の三位決定戦、そして決勝です。

 

三位決定戦 第試合

ひかる vs 紅~くれない~

 

 かなり大きさが違うこの対決、紅との交錯で、転がるひかる、両腕パンチを繰り出しつつ、左右に位置を取るひかる、パンチのあと軌道を変えた攻撃、投げにかかった、両腕を突き出して詰め寄る。これはひかるを掴み切れなかった。かなり大きさが違います。ひかるは紅の半分くらいしかない。低い位置からの攻撃を、両腕を同時に突き出すパンチで沈められ、これで1ダウン。

 これはどうした、紅に肩の上にのしかかられた恰好のひかる、腕をばたばたさせて躱して行った、かなり激しくばたばたしていました。ひかる、やや距離を放した、紅のパンチをかわして飛び込む、これはどうした、動かなくなったひかる、無線トラブルか。急いでPCに操作の手を写し、なんとか復帰、掴みに行った、ひかるが胴体を抱え込んだが、パンチを押し込んで、紅が躱した。

 パンチの打ち合い、バランスを崩して吹っ飛び、紅がダウン。これで1-1。

 やや遠くへ離れたひかる、遠い間合いへ構えた。後頭部からのパンチ、これは凌いだひかる。紅、背後を追った。パンチを打ち込むが、背丈がかなり違う、これはダウンか、打ち込んだ後に横に振る、このパンチで紅がひかるを倒し、これで2-1。

 ここで時間切れ、復帰しようとするひかるが非常に激しく震動しつつ、これで決着。紅が三位を勝ち取りました。

 

「インフルエンザの方がいるので代わりに出る事になりました」って、なぐさんのことですよねそれは……。大変だなあ。三年生なので、次回は後輩に紅を譲ります、とのことでした。

「コンデンスミルクです。みんなで飲んで下さい」と、三位賞品はコンデンスミルクでした。

 

決勝 第試合

フェルナンド vs ヘラクレス

 

 さあ、これは見応えのありそうな勝負です。これまでの試合、いい動きを見せつけてきた両者、決勝で対決となりました。身の丈も同じくらい、バランスのいい勝負になりそうです。

 開始、さあ、中央、まずは横への振り下ろす攻撃を放つヘラクレス、交錯からフェルナンドが倒れたが、スリップ、再開、中央でのぶつかり合い、吹っ飛んだフェルナンド。スリップ。倒れた、立て続けヘラクレスに狙われ、これでダウンを速攻で奪われる、1-0。

 再開直後、がちんと激しい音を立てつつ、巻き上げる攻撃を放つヘラクレス、すれ違いつつ背後を追ったフェルナンド、背後から攻撃、ダウンを奪い返す。1-1。

 再開、ヘラクレスの攻撃がフェルナンドの腿のあたり、フレームの隙間に絡まった、これは両者スリップ。立ち上がれるか、フェルナンド、ちょっと下がった。

 距離を置かせて、ヘラクレスが立ち上がる。立ち止まらない両者の勝負、さあ、中央、再開、立ち上がった。

 ファイト、突撃したヘラクレス、再開直後に下からめくって、フェルナンドを正面から倒す、これで2-1。

 さあ、中央、斜めに交錯してぶつけ合い、腕を突き出して凌ごうとしたところに、フェルナンドを正面から押し込む、攻撃の腕ごと、無理なく押し込むような動作で、ヘラクレスが3ダウン目を確保。

 速攻で押し切り、ヘラクレス、3ダウンで勝利となりました。

 

 もうちょっとかな、と思った、と言うフェルナンドチーム。賞品はすでにおわかりの通り、まぐろ金ゴマの佃煮でした。

 そしてヘラクレスチーム。「賞品はなんでしょうね!」「ところでカブは好きですか?」「漬け物とかおいしいですよね」「でも賞品はなんだか判りませんよ」なんてことをやりとりをしているうちに、すでにお盆に載って出ているわけですが、西京漬けの鮭と一緒にカブが授与されました。

 

 さてさて、優勝はヘラクレスでした! これでバンタム級も終了となりました。

 最後はロボットダンス・コンテストとなります。

 

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【ダンス部門】

 さて、最後はダンス部門であります。

 登場する機体は二機となります。

 

No.1 紅~くれない~

 

 まずは、なぜ女性型ロボットなのか、と言う事を執拗に突っ込まれていた紅。自分でラジオ体操を流しながらラジオ体操なのですが、音を拾うためにマイクを近づけているせいで、けっこうすごい音が…… サーボとか、腕などがごつごつ当たる音がマイクに集音されてしまっています。これはなかなか、スーパー駆動音大会ですね……。

 最後に小さく一礼するのと、びしっと正面に向き直るかっこいい〆、これで終了となりました。

 

No.2 雪風

 

 さあ、前回に引き続いて登場、シムカさんの雪風。前回も幻想的なステージを見せてくれましたが、今回は如何でしょう。うつぶせの大の字にステージの上に、雪風が広がっています。

 蕭々とした音楽、まずは腕を体の下に入れ、逆立ちに入る雪風。そこからぐりぐりと下半身をひねり、姿勢を移します、ちょっと転倒してしまいますが、前転して復帰。横向きのライトに照らされての倒立、腕で姿勢を保ったまま脚を間に持ってきて、片脚立ちから姿勢を大きく使って、体を遊ばせて復帰。にゅるにゅるとした柔らかい動きに、強い光の演出はうまく合ってまうね-。音楽がワイプし、最後も大の字の姿勢に戻り、これで終了となりました。

 

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【表彰式】

 さてさて。ここで審査の時間のあと、表彰式となります。結果が出るまで、しばしと待機であります。

 「この大会、観客席のほうが詳しい人の方が多いんですよ」みたいな話をされているうちに、表彰式の準備、そしてスタッフの紹介が行われます。

 

 選手が壇上に並べられ、表彰式がはじまります。

 まずは一発芸部門、三位は吉田ファミリアさん。賞品は「太る…… もと…… でした」とのことでした。

 続いて準優勝はひかる。そして一位はスタローンFでした。

 さて、今度はダンス部門。二位はTDUの紅。もちろんマグロ金ゴマです。

 優勝はシムカさんの雪風でした。カブに、紅鮭とエボダイのお頭つきでありました。

 

 最後はMVPの発表。MVPは…… ロボでサバゲ! チームの、スタローンFでした!

 ここだけは頓狂な賞品ではありません。優勝賞品はアメリカ行きの旅券であります。ROBOT JAPANの代表として、ROBOGAMESに参加することができる、と言う事であります。前回はロボットだけが行った大会ですが、今回は

 最後は審査員の皆さんの講評から。ロボット博物館は尾道に出来る予定なのだそうです。最後は小熊プロデューサーからの講評。この1年を振り返っての講評となりました。

 

 さて、これにてROBOT JAPAN 3rd、すべて終了となりました。

 次回のロボットジャパン、4thは8月18日の開催となります!

 

 ……緞帳が閉まる時のBGMが、どうしたわけか不意打ちでピクミンで。一同、!? となったところで、これにて本当に、大会終了となりました。